食欲不振、集中力、不安な障害、不安な神経症、二日酔いの予防、肩こりと頭痛、緊張型の頭痛、生理痛の薬代わりとして、キャンドルスタンド、湿布などに聞くとされる、アロマセラピーをご紹介します。

スポンサードリンク

食欲不振にアロマ。

今回ご紹介する、アロマセラピーだけではなくハーブティーも利用すると食欲不振に効果的です。
他にもペパーミントやオレンジピールなどやスパイス類を使った料理も効果があると言われています。今何かと話題の多い、食欲不振の元と言われているのが仕事の重圧や疲れからくる体の中、特に胃での消化がしにくくなると言われています。
ですからこれからの夏の気温の上昇などで食欲がないという人もいるでしょう。そこに、今回の食欲不振を和らげるアロマテラピーがあります。
実際にアロマセラピーで芳香浴をする場合はご飯の前に部屋を匂いでいっぱいにしてみましょう。
いつもと違い食事の前はみかん系の香りの方が食欲をあげてくれます。
疲れた時のマッサージの場合、おなか周りを重点的にマッサージを行いましょう。
日々のストレスが理由になっている食欲不振にこのようなマッサージはリフレッシュ効果があると言われています。
毎日入るお風呂ですが、入浴は気分をよくするオイルを用いましょう。ローズマリーなどがいいと思います。またみかん系のオイルなどを加えても効果があります。
そういった中、食欲を旺盛にするのがベルガモットやグレープフルーツです。そしてベルガモットは消化器系の働きをよくもしてくれます。消化器系を活発化してくれるのがレモンです。
そしてローズマリーは胃腸の動きをよくします。
全体的に柑橘系のオイルは食欲不振には効くと言われています。
少し変わりますが、ブラックペッパーなども食欲不振には効果があるとされていますが、肌への刺激が若干強いので使う際はきっちりと量を調節する必要があります。


関連ニュース

▲このページのトップへ